1日1回の食事習慣でキレイは作れる

1日1回の食事習慣でキレイは作れる

健康と美容のためには、栄養のバランスの取れた食事を1日3回摂取する事。
そう思っている人は多いでしょう。
しかしながら、その食事量は本当に適切と言えるのでしょうか?

 

食べる事よりも食べない事を意識した方が美容や健康にいいと言えるかもしれません。
そもそも1日3回という食事は、人類の長い歴史の中で、近年習慣化されたものです。
江戸時代の人にとって、食事は1日2回が当たり前でしたし、現代社会でもヨガでは1日1回の食事を推奨しています。

 

なぜヨガでは1日1回の食事を推奨しているのかというと、1日3回の食事は消化器官に大きな負担を与えているためです。
芸能界でもタモリさんやビートたけしさん、片岡鶴太郎さんも1日1回の食事習慣を実践しています。

 

1日3回食事をすると、消化器官は常に働いている状態で休む事が出来ません。
そのため食事の後には、身体が重く感じたり、ダルさや眠気を感じたりしてしまいます。
ですが1日1回の食事にする事で、身体が飢餓状態になり、自己免疫機能を強化する事が出来ます。

 

その結果、成長ホルモンや免疫ホルモンの分泌が活発になり、アンチエイジング効果が期待できます。
1日のトータル摂取カロリーも抑える事が出来るので、ダイエット効果も確実にあります。

 

プチ断食をする事で、健康効果を得られるという事は知っている人も多いでしょう。

 

1日1回の食事だと、断食よりも小さな負担でデトックス効果を得られます。
そのため生活習慣病が改善され、病気の予防の効果があると言われています。
また身体だけでなく、脳内のデトックス効果があるために、頭が冴えて仕事の効率もアップします。

 

ある調査では、1日1回の食事にした事で、空腹感が生殖能力のスイッチをonにするため、不妊症が治ったというデータまであります。
それに考えてみて下さい。
手間がかかる事は、継続して続ける事は難しいと言えます。

 

1日3回栄養のバランスを考えて食事内容を決める事は、大変です。
ですが1日1回なら、ある程度手間をかけても負担にならず、食費のコストも抑える事が出来るなど、メリットばかりです。

 

注意点としては、さすがに最初の1〜2週間は、1日1回の食事では、空腹感に耐える事がしんどいかもしれません。
でも1日3回食事を食べる事が当たり前で、空腹を感じていなくても食事の時間だから食べるという行為の方が、不自然なのです。
生きているのだから、お腹が空くのは当たり前です。

 

慣れると身体もかるく体調も良くなるため、1日1回の食事が苦にならなくなります。
あと1日1回の食事だからこそ、栄養不足にならないように、栄養のバランスの取れた食事内容を考慮して下さい。

 

 

 

1日1回の食事習慣でキレイは作れる関連ページ

朝食はオートミールでキレイになる
朝食はオートミールでキレイになる
フルーツの缶詰で手間をかけずにキレイになる
フルーツの缶詰で手間をかけずにキレイになる
ローフードで身体の内側からキレイを目指す
ローフードで身体の内側からキレイを目指す
お味噌汁は日本最古の美容食
お味噌汁は日本最古の美容食