二日酔いを予防して健康に飲む

二日酔いを予防して健康に飲む

居酒屋で飲み会をした翌日に
二日酔いになったという経験はありませんか?

 

二日酔いとは、肝臓がアルコールを分解したことによって起きる
副作用のようなものです。

 

私たちの肝臓はアルコールを毒とみなすため、
優先的に分解されます。

 

アルコールの分解には
体内の栄養素を総動員させる必要があるため、
お酒を飲み過ぎると身体が栄養不足になるのです。

 

これが頭痛や吐き気として現れたものを
二日酔いと呼んでいます。

 

上手な飲み方を身につければ、
二日酔いの症状を軽減し、
体内の栄養を失わずに済ませることも夢ではありません。
蒲田の貸切バーで楽しんだ後は、翌日に響かせることなく、楽しかったままで終わらせたいものですよね。
居酒屋などで飲み会が続くことが多いシーズンに向けて、
今から対策を学んでおきましょう。

 

アルコールを急激に分解すると、
肝臓が急ピッチで働くことになるため、
二日酔いの症状も酷くなります。

 

これを予防するには、
飲み会の前にお腹をある程度満たしておきましょう。

 

お腹に食べ物が入った状態であれば、
肝臓は準備運動を済ませた状態でアルコールの分解に臨めるため、
二日酔いの症状も抑えられるのです。

 

おつまみとしては、
ドレッシングが付いたサラダを優先的に食べましょう。

 

野菜にはアルコールを分解するのに必要な
ビタミンやミネラルが含まれています。

 

さらに、ドレッシングの脂肪分は
肝臓の働くペースを遅くする働きを持っているため、
二日酔いの予防効果を期待出来るのです。

 

カテキンを含む緑茶にも脂肪と同様の効果があるので、
飲み会前に飲んでおくと良いでしょう。

 

お酒の飲み方としてベストなのは、水割りです。
水と一緒にお酒を飲むことで
体内に吸収されるアルコールの濃度を薄めることが出来ます。

 

ロックやチェイサーもある程度効果はありますが、
水割りの方がおすすめです。

 

飲み方に気を付けて、
飲み会明けでも爽やかに過ごしましょう。