肥満を予防しながらお酒を飲む

肥満を予防しながらお酒を飲む

普段は美容のためにお酒を飲まないようにしているけれど、
たまには羽目を外したくなるときもありますよね。
 
お付き合いの関係上
どうしても飲み会に参加しなければいけないというケースも、
社会人の皆さんであれば何度か経験していることでしょう。

 

居酒屋などの飲食店で飲み会が行われる場合、
飲むお酒によって肥満を予防出来るということを
ご存知でしたでしょうか?

 

お酒による肥満を予防するときに注目していただきたいのが、
糖質というキーワードです。

 

糖質はブドウ糖へと変換され、
私たちの身体が活動するエネルギーとして役立っています。

 

しかし、お酒に含まれる糖質は
肝臓がアルコールを優先的に分解してしまう関係上、
分解や吸収が後回しにされがちです。

 

その結果、脂肪としてお腹や内臓に蓄積されることから、
お酒は肥満の素といわれています。

 

お酒を飲むときは、
この糖質が少ないものを選択することで肥満を抑制出来るのです。

 

おすすめは、ウィスキーやウォッカ、焼酎といった蒸留酒です。
蒸留酒は1度蒸留されているため、
アルコール分は高くなっていますが、糖質も削減されています。

 

こうしたお酒をお湯や水で割ったものをゆっくりと飲むことで、
アルコールや糖質の摂取量を減らすことが可能です。

 

反対に、ビールや日本酒などの醸造酒は、
糖質の含有量が高いだけではなく飲みやすいため、
太ることを回避したい方はあまり飲まない方が良いでしょう。

 

カクテル系飲料の甘さは果糖や砂糖が生み出しています。
当然糖質がたくさん含まれているため、
ダイエットなどをしているときは控えるようにしてください。
飲むお酒の種類に注意して、肥満から身体を守りましょう。