お酒を飲んだ後の体臭対策

お酒を飲んだ後の体臭対策

私たちの美しさを構成する要素は、外見だけではありません。

 

仕草や立ち振る舞い、体臭など五感のすべてが
その人の魅力として相手に伝わっていきます。

 

居酒屋でお酒を飲んだときに気になるのが
口臭や身体から発せられる臭いです。

 

居酒屋デートで良い雰囲気になったとしても、
体臭がきついせいで雰囲気を壊してしまったら台無しですよね。

 

今回は、お酒を飲んだときぜひやっていただきたい
体臭対策についてご紹介します。

 

最初にご紹介したいのは、お酒の口臭に対する影響です。

 

アルコールが口に入ると特有の悪臭を発します。
これを予防するには、
マウスウォッシュ用のスプレーやガムを噛むのが1番効果的です。
しかし、飲み会の最中にこうしたものを噛むのは
なかなか難しいことでしょう。

 

そんなときは、唾液の力を借りてください。

 

唾液は私たちの口腔内を健康に保つ作用を持っており、
口臭にも効果的です。
唾液を分泌させるには咀嚼の回数を増やす必要があります。
食物繊維が多く、噛む回数も増えやすいサラダなどを
積極的に食べて唾液の分泌量を向上させることをおすすめします。

 

お酒による体臭の大きな原因は、
アルコールを分解するときに発生するアセトアルデヒトという物質です。

 

このアセトアルデヒトが体内に蓄積すると、
私たちの身体から悪臭が漂ってきます。

 

大豆やシジミ、アサリゴマといった食品は、
このアセトアルデヒトの分解を補助する役割があるため、
飲み会中にこれらを含む料理を食べて、
体臭の改善に努めましょう。

 

お酒の飲むと血行が促進され、汗もかきやすくなります。
飲み会中であっても、
トイレに立ち寄った際にこまめに汗を拭き取っておくと
臭いを予防することが出来るのでお試しください。