適量の飲酒でストレス発散

適量の飲酒でストレス発散

お酒の飲み過ぎが身体に良くないことは、
皆さんも良くご存知でしょう。

 

だからといって、飲酒そのものが
身体に悪影響をもたらすわけではありません。

 

現代はストレス社会です。
ネットワークの発展とともに人間関係が複雑化し、
それにつれて1人1人にかかるストレスも大きくなっています。

 

こんな時代ですから、
ストレス発散効果のあるお酒を上手に活用することが、
健康な生活を送るうえで重要なのです。

 

適量のお酒を飲むことで、
私たちの身体は緊張状態から解放され
リラックスすることが出来ます。

 

このリラックス効果を生むお酒の量とは、どれくらいなのでしょうか?
お酒の強さは人によりますが、
ビールであれば中瓶1本、
日本酒の場合には1合程度といわれています。

 

ウィスキーやブランデーといった蒸留酒の場合、
アルコール度数が高いためショットで2杯程度に抑えておくと、
悪酔いすることなくストレス軽減効果を期待出来るのです。

 

お酒が苦手な人に飲酒を勧めるつもりはありません。
しかし、自分がリラックス出来るお酒の量を知っておくことで、
ストレスを簡単に解消することが可能になります。

 

健康な身体は健全な精神が土台となっていますから、
ストレスが溜まりやすいと感じている人は、
お酒によるリラックス方法を試してみると良いでしょう。

 

ただし、あくまで適量でなければ意味がありません。

 

自分がお酒に強いからといって、飲み過ぎると、
身体を壊すことに繋がりかねないので注意してください。

 

居酒屋やバーで飲食する際には、
適量を意識してお酒を注文してみると
1日の終わりを気持ちよく迎えられることでしょう。