契約農家から有機栽培を直送

契約農家から有機栽培を直送

日本の市場に出回っている野菜類の大部分は中国や韓国などからの輸入野菜と水耕栽培「養液栽培」になっています。

 

輸入野菜は漂白剤などで表面に付いている雑菌などを除去しますが残留薬品の心配があります。

 

また、病害虫を防ぐために輸出用に多量の薬品を使っている可能性が有りますし、中国などでは化学肥料を多く使っています。

 

銀座周辺でお昼休憩にオススメのランチのお店

 

何れにしても現在の日本の市場に出ている野菜は美味しく有りませんし野菜としての成分にも問題があります。

 

このような中で少しでも美味しい野菜を提供しようと頑張っている飲食店が増えてきて野菜好きな方々から支持を得ています。

 

東京の青山にあるレストランでは有機栽培をしている契約農家から直送の野菜を送ってもらって野菜とパスタのコラボのメニューを出して多くのお客様を獲得しています。

 

渋谷に個室居酒屋はたくさんあるけれど…

 

日本でのパスタ人気と野菜ブームを上手に捉えてパスタ&野菜を売り物にしています。

 

このような野菜を売り物にしたレストランは急増する一方ですが、背景には化学肥料を使わないで有機栽培の野菜を作る農家が増えていることがあります。

 

従来の流通ルートでは採算が合わない農家がレストラン等や個人の住宅に流通ルートを通さないで直接に配送するシステムを組んで美味しい有機栽培の野菜を送れるようになったことで実現できたのです。

 

赤坂に落ち着いた雰囲気でワインが嗜めるお店を見つけました

 

従来の流通ルートを通さないことで中間マージンを排除できますので採算が合うようになったということです。

 

今後もこのような流れは加速してゆくと考えられますので輸入に頼っていた野菜も国産の良質な野菜に切り替わって行くかも知れません。

 

"