ビタミン

ビタミン

肌に良い食品というのがあります。それはやはりビタミンです。ビタミンの種類も沢山ありますが、特にビタミンEとビタミンCとベータカロチンとビタミンB2が綺麗を手伝ってくれるのです。これらのビタミンは人間が酸化するのを防ぐ作用があるのです。私達人間の身体は、活性酵素という自分で摂取した酵素が体の中で変化してできる成分によって酸化してしまうのです。

 

トラットリア シェ ラパン

 

酸化してしまうと老化するのです。例えば、シミが増えてしまったり、白髪が増えたりします。また美容だけでなく、健康面においても高脂血症や糖尿病といった生活習慣病も引き起こしてしまう可能性があるので、抗酸化物質であるビタミンを積極的に摂取する必要があるのです。つまりビタミンを摂取することによって老化させる原因となっている活性酸素を除去してくれるのです。

 

横浜 居酒屋 個室なら 紅音

 

ビタミンEには肌をみずみずしく保ってくれる働きがあり、うなぎや緑黄色野菜に多く含まれています。トマトやブロッコリーなどには肌のハリの元となっているコラーゲンの合成を促す働きを持つビタミンCが含まれています。ビタミンEが含まれている緑黄色野菜にはベータカロチンも含まれていて肌荒れにも良いのです。ビタミンB2は納豆などに含まれていて肌をイキイキとさせてくれます。

 

http://niigata-agura.com/

 

色々な栄養素をバランスよくとることが美肌を作る近道です。しかしその中でも肌に良いといわれている栄養分はビタミンです。積極的にビタミンの多く含まれている食物を沢山取るようにして、美肌を目指しましょう。